ワオ母さんの blog

三人娘子育て真っ最中のアラフォーママのブログです。子育て、時短、節約、資産運用などなど頑張っています。

医療保険は不要だと言いつつも加入する心配性なわが家です。愛媛県民共済の加入プランは?

ご訪問いただき、ありがとうございます。

4月から、愛媛県民が県民共済に加入できるようになった…という記事を書きました。

www.waoko.net

医療保険はいらないかもしれない…と思いつつも、やっぱり保険に入らないのは怖い…。

そんなわが家が、入ってもいいかな…と思ったのが県民共済でした。

今回は、そんなわが家が加入する県民共済のプランをまとめてみました。

わが家が加入したプラン

県民共済はまず、基本プランに加入しなくてはなりません。

わが家が加入するのは…

人気の総合保障2型ではなく総合保障1型です。

1型は保険料も保障も2型の半額です。

 

月額1,000円

(3割程還付金があるので、実質700円程)

病気入院 一日に付き2500円

(124日まで)

病気死亡 200万円

交通事故や不慮の事故にはもっと手厚くなります。

 

なぜ1型を選んだか…と言いますと…

もともと、医療保険の必要性自体に疑問を持っているわが家…

www.waoko.net

入院した場合の医療費を、すべて医療保険でカバーしなくても良いという考えです。

今のところ、高額療養費制度があるので、一般的な収入の我が家では、支払う医療費はどんなに掛かったとしても月8万円程度…。

入院にかかる費用は、諸費用入れて月12~3万円程度と見積もっています。

もし、入院が長引いた場合…上限の124日入院したとすると…30万円程支払われます。

その場合は50万円程、入院費がかかると見積もります。

(3ヶ月続けて高額療養費の対象となると、4ヶ月目以降は月4万円程度の負担になります。)

そうなると、家計からの持ち出しは20万円程になります。

これが1型でなく2型ならば、60万円も支払われるのですが、保険料も倍になります。

総合1型 700円×12×25年間=21万円  

最大 30万円程の保障

総合2型 1400円×12×25年間=42万円  

最大 60万円程の保障

入院限度の124日入院しても、もらえるのは30万程…支払うのは21万…う~ん…やっぱり入る意味が分からないかも…。

ただし、死亡保障200万円付きなので、ガンなどで闘病が長引き、医療費がたくさん掛かって亡くなった場合には足しになる…かな?

特約も付けます!

身内をがんで亡くしています。

治療が何年にも及んだので、総額で300万円以上は掛ったと思われます。

300万円以上の出費は、子供が巣立つまでは家計にとってダメージが大きい…。

なので、新三大疾病特約を付けます。

実は総合保障より、こちらの保障が欲しかったんです。

月額1,200円(実質840円程)

がん・心筋こうそく・脳卒中を手厚くカバーしてくれます。

がんと診断されたら50万円、入院、通院(がんのみ)手術にも保障が付きます。

300万円もの治療費は保障できないと思いますが、いくらかはカバーしてくれると期待します。

注意点は総合保障1型に加入している場合、64歳までの保障となります。

2型に入っていれば、保障は先細りしていきますが、65歳からは熟年型特約に移行することができます。

65歳以降の保障はいらない

わが家が加入する県民共済のプランでは、65歳以上は保障されません。

私は65歳以降の保障はいらないと考えます。

なぜならば、そのころには教育費も住宅ローンも払い終え…必要なのは自分たちの生活費のみだからです。

わが家は、キャッシュフロー表をエクセルで制作しているのですが… 

www.waoko.net

キャッシュフロー表から分かる現実は、長生きすることによってお金がかかるということ…。

働けるだけ働きたいですが、働けなくなる日が必ず来る。

年金だけじゃ不十分です。

大病して治療が長引けば、おそらく寿命も短くなるでしょう。

そうなれば、貯金を切り崩す期間が短くなるわけで…

病気の治療に多額のお金がかかったとしても、トントンになるんじゃないかな?

自分の老後を想像して悲しくなってきましたが…

もちろん!元気で長生きしたいです。

だからこそ、長生きしたときの為にお金を少しでも残したいのです。

なので、保険に払い過ぎてはいけないと思います。

将来の医療費が上がるかもしれないから、払い過ぎてはいけない。

将来は社会保障へのお金が回らなくなり、病気やけがの場合、もっともっと医療費を払わなければいけなくなっているかもしれません。

そうなれば、現在の保険でカバーするのは難しいでしょう。

もっともっと高額で、保障が手厚い保険に入る必要があるかもしれません。

そのためにも今、必要以上に保険にお金を払い過ぎてはいけないと思います。

保険料が月7,000円減りました!

f:id:makimamano:20190420062956j:plain

わが家は、今まで民間の医療保険がん保険に夫婦で合わせて月額1万円払ってきました。

そちらは解約し、愛媛県民共済の総合保障1型+新三大疾病特約に加入します。

月額は合わせて2,200円×2人分ですが…還付金が3割程ありますので、夫婦で3,000円程です。

これで、月額10,000円-3,000円=7,000円の節約です。

月額10,000円の医療保険がん保険は終身です。

きっと、そのまま入り続ければ、いつ辞めてよいか分からなくなると思います。

あと、40年入り続けるとして、総額480万円も払わなければなりません。

県民共済は65歳まで加入する予定なので総額72万円支払うことになります。

もともと、医療保険の必要性に疑問を抱いています。

そんなわが家は、保険料が安いほど良いんです。

その他、わが家が加入している保険

わが家はほかに、

  • 学資保険 月額20,000円
  • 夫の収入保障保険 月額5,000円
  • 就業不能保険  月額800円
に加入しています。

学資保険は入らなくても良かったかもしれません。

加入したころは、あまり知識がなかったので、何となく加入してしまいました💦

学資保険に入るよりは、積み立てNISAやiDeCoにお金を回した方が良いかもしれません。

そして、夫の収入保障は万が一のことがあった場合の為です。

万が一の時の為なので、最低限にしています。

最後の就業不能保障ですが、こちらは会社の福利厚生のため、かなりお安いです。

そうでなければ、加入していません。

何故ならば、就業不能な状態に陥ることは極めてまれで、あまり使えない保険だからです。

まとめ

わが家が選んだ県民共済のプランはいかがでしたでしょうか?

なんか、変な入り方だな、大丈夫?と思われたかもしれませんね。

しかし、現時点では、一番しっくりきたプランです。

もしかしたら、これから考えが変わるかもしれません。

保険に対する考え方は人それぞれで、正解なんて分かりません。

ただ、どんなものに入るにせよ、加入する人が一番納得できるものがベストな保険だと思います。

あなたは納得した保険に入っていますか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

生命保険のカラクリ (文春新書)

生命保険のカラクリ (文春新書)

 

こちらも読みましたが、とても面白かったです。

ライフネット生命代表取締役会長の著者も、なんと医療保険を積極的には勧めていません。

投資のことにも少し触れられています。