ワオ母さんの blog

三人娘子育て真っ最中のアラフォーママのブログです。子育て、時短、節約、資産運用などなど頑張っています。

あるのにない、ないのにある断捨離の不思議

f:id:makimamano:20190106074842j:plain

ご訪問いただき、ありがとうございます。

家の中を片付けてきて、最近とても実感していることがあります。

それは…ないのにあるということ。

あるのにない?

むか~し昔の私…アパレル店に勤め、洋服をたっくさん持っていました。

月に、4~5枚ペースで服を買い、それに小物も増えていましたから、クローゼットはいつもパンパンでした。

仕事柄、旬の服装をしなければならないので、服が増えるのは仕方のないこと。

増えた分を買い取りに出すか、処分すれば良かったのですが、そうはせずどんどんクローゼットの中に押し込んでいきました。

そこで起こるのが、たくさんあるのに着ていく服がない!という状態。

友達と遊ぶとき、デートのとき、いつもとちょっと違う服装をしたいとか、いつもよりおしゃれしたくなってしまったりするのです。

普段来ていない服を引っ張り出してきて、ああでもない、こうでもないと一人ファッションショー。

所要時間1時間…部屋は引っ張り出した服でぐちゃぐちゃ…。

約束の時間に間に合わない!これでいいや!と結局いつもの服装で出かけるということが、毎回でした。

いつも疑問でした…

どうして、こんなに服を持っているのに着ていく服がないの?

ないのにある

仕事を辞めたあと、こんまりさんの本「人生が変わる片付けの魔法」に出会い、私は片付けに目覚めました。

お片付けのスタートに服が最も適しているそうで…

なるほどその通りでした。

自分の心に正直に、ときめきという感覚に正直に服を選別していくと、サクサクとお片付けが進むではありませんか。

最終的に私の服はお片付け前の3分の1の量になりました。

自分がこれほどの、使えない服を持っていたことに驚きましたが、それよりも驚いたのは、服が減ったのにコーディネートに迷わない!しかも数はないのに着る服があるということ。

多すぎる物が大切なものを見えなくする

サイズがビミョーな服

着心地が悪い服

色や形が似合わない服

着丈が微妙な服

スタイルを悪く見せてしまう服

それらはどうしたって、着て出かけたところで、自分を幸せな気分にはしてくれません。

そういう服を着て出かけたところで、

似合ってるかな?

変じゃないかな?

きつくてしんどい。

ゆるくて気持ち悪い。

そんなことを考えながら時間を過ごしてしまいます。

そして、ほんとうは必要じゃないそれらの服は、クローゼットの中でも悪さをするのです。

それは、目くらましです。

気に入っていて活かせる服は実はあるのですが、不要な服に阻まれて、見えなくなる、存在を忘れる。

私が服をいる、いらないに分けると、いるものが3割いらないものが7割でした。

いらないものが7割も詰まっているクローゼット…そりゃあ…

似合うものがない!

着ていく服がない!

となってしまいますよね。

だって、クローゼットの中の服の半分以上がそうなのだから。

少数派の活かせる服は影が薄れ、見えなくなってしまいます。

管理出来る量を超えてしまうとあるのにないが起きる

結局、私がストレスなく管理できる量って自分が思っていたより、ずっと少なかったんです。

今の私の冬着は…

  • セーター 5着
  • カットソー 1着
  • シャツ 1枚
  • パンツ 5本
  • アウター 3着
  • 部屋着 3セット
  • マフラー2本
  • スニーカー3足

なのですが、これくらいがちょうど心地よく回せる量でした。

これくらいだと、

  • コーディネートに迷わない
  • 手持ち服を把握しているから無駄な買い物をしない
  • 着回しが効率よく出来る

ようになりました。

そして、着るものがちゃんとあると思うようになるのです。

これが不思議で本当に面白いです。

ただ…実はまだ何着か使わない衣装ケースにしまい込んだ冬服があるんです。

でも、結局使わなかったんですよね。

今年こそ、処分します!

物が減るほどあることに気づいた

服だけではありません。

子供が三人となり、片付けがとても負担になってきたので、家の中の不用品をさらに処分しています。

片付けが進んでくると、あると感じることが増えてきました。

たとえば、近所のスーパーでたっぷりまとめ買いをして、両手にレジ袋を下げて帰ってくる。

なんて豊かで、物が簡単に手に入る生活をしているのだろう。

なんて幸せな生活をしているのだろう。

ありがたくなり感動します。

これだけ豊かで安全で、

人々も素晴らしい国に住み、

食べ物に困ることがなく、

子供達は十分な教育も受けられる

なのに、何故ないないといつも思っていたのでしょうか。

こんなにもあるのに。

そう気づかせてくれたお片付けに感謝したいです。

とはいえ、物欲は減りましたがなくなったわけではないですし、お金も貯めたいし、断捨離もまだまだこれからなのですが…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい