ワオ母さんの blog

三人娘子育て真っ最中のアラフォーママのブログです。子育て、時短、節約、資産運用などなど頑張っています。

「断捨離」を読みました

f:id:makimamano:20190104075103j:image

あけましておめでとうございます。

今年もご訪問いただき、とってもうれしいです幸せです(´∇`)ありがとうございます✨

今年の目標はとにかくブログを続けることです。

無理しない程度に頑張りたいです(๑`・ᴗ・´๑)

今年もよろしくお願いします(^-^)

実家でお正月を過ごしてきたのですが、そこで思わぬ掘り出し物を見つけてしまいました!

「断捨離」を見つけました✨

それは、やましたひでこさんの著書「断捨離」です。

「断捨離」は一度読んだことがあったのですが、もう1度読みたいと思っていたんです。

実家に置いていたこと、すっかり忘れていました。

ラッキーです🍀

お正月は、そんな「断捨離」をかみしめるように読みました。

久々に「断捨離」を読んでみて

初めて読んだときは「断捨離」に修行のような厳しさを感じ、自分には合わないと思っていたんです。

片付けによって自分の潜在意識まで変えていく断捨離…なんだか、大変そうに思えました。

しかし久々に断捨離を読んでみると、その内容が心に染み渡るではないですか!

なるほど、なるほど、そうだ、そうだ!と気付きと共感の連続であっという間に読み終えました。

時間が経つと人の価値観や考えって変わるものですね。

断捨離は物との付き合い方の指南書

先進国に住む私たちにとって、物との付き合い方は本当に難しい。

普通に暮らしているだけで、物が大挙して押し寄せてきます。

物との付き合いを知らなければ、自然と物に時間、空間、お金を奪われる社会です。

断捨離はそんな社会を生きやすくする指南書なのではないか、そんな気さえしました。

断捨離を分かりやすく言うと…

断捨離という言葉はインパクトがあり、厳しそうで、心を鬼にして物を徹底的に捨てまくりましょう!みたいな雰囲気がありませんか?

私もそう勘違いしていた1人です。

では、断捨離とは何か?

本書の中で分かりやすく紹介されていました。

それは、

家のガラクタを片付けることで、心のガラクタをも整理して、人生をご機嫌へと入れ替える方法

ということ。これだと、とっつきやすく感じませんか?

何だか、ハッピーになれそうですよね😊

私も少しだけ断捨離していた

私は、昨年ブログを始めたのがきっかけで、物との付き合い方を改めて見直すようになり、少しずつですが、片付けを進めてきました。

今回、断捨離を改めて読破して感じるのは、私がコツコツ片付けていく中で、本書の中に書かれていることをいつのまにか実践し、その効果を実感していたということです。

きっと自分にとって心地よい状態になりたくて、模索しているうち、自然とそうなっていったのかもしれません。

もちろん、断捨離を紹介されているブログの内容にも大いに影響もされていると思います。

物との付き合い方に悩んでいるなら

物との付き合い方に悩んでいる方…

例えば家に帰って散らかった部屋を見て、どっと疲れが押し寄せるとか、

押入れから物が溢れるとか、

床のものをどけて掃除機かけるのがおっくうでたまらないとか、

とにかく物との付き合いがしんどくてたまらないよ!という方。

「断捨離」はその状態から救い出してくれるかも知れません。

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」

 

中古で安くたくさん出回っています(^-^)友達とか家族が持っているかも?

図書館でもそんなに待たず借りられそうです。

収納は捨てた後という鉄則

物との付き合いに困っている方は、

間違ってもシンデレラフィット推奨豪邸在住キラキラインフルエンサーさんに触発されて、100均で収納ケースを1ダース買ったりしてはなりません。

そっちは違う道ですよ。

私がそれで失敗しましたから。

「断捨離」という新たな片付け術は、社会現象となりました。

それまでの、収納に重きを置いた片付け方からまず捨てることが大事だよ!ということを教えてくれました。

しかし!

「断捨離」が発売されてから10年、いつの間にかシンデレラフィットする収納、揃える収納、整った収納、収納、収納、収納…収納勢が力を盛り返してきたような気がします。

でも、当たり前のことですが、片付けの基本ってまず捨てることなんですよね。

断捨離が進むと収納用品すら必要としなくなるそうです。

いつか、そこまで行けたら良いなあ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆.。.:*・