ワオ母さんの blog

三人娘子育て真っ最中のアラフォーママのブログです。子育て、時短、節約、資産運用などなど頑張っています。

株価大暴落!その時フツーの人はどうするか?

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

フツーの主婦、ワオ母さんです。

 

ダウ平均が暴落しましたね。それにつられて、日経平均も暴落…

暴落はまだまだ、続きそう…かな?

フツーの人なので全然わかりません。

 

 

フツーな人の私の投資術

 

私は現在、積み立てNISAをしています。メインに楽天全世界株式インデックスファンド、あとひふみも少し買っています。

 

www.waoko.net

 

先日までは良い感じに利益が出ていて、ちょっとホクホクしていました。

 

そこに今回の暴落!

 

フツーの人は何もしない!

 

さて、フツーの人ここでどうするか?

これから、さらに暴落すると読んで株を売り、下がったところで買いなおす?いえいえ、フツーの人の私にはそんなこと到底できません。

 

「利益確定」も「損失限定」もなかなか難しい
よく、「高い時に売って利益確定しておけばいいのに」とか「大きく下がった時に思い切って買えばいいのだ」という意見を言う人もいます。しかし、実際にはなかなかそんなことはできません。
特に下がった場合、人間は「損」を避けたいと思う気持ちがとても強く、自分の資産が大きく目減りしている事実を突きつけられると、それを目の前から消したい衝動にかられます。売ってしまうと「損」を確定することになるのですが、それでもこれ以上に損が大きくなるかもしれないという恐怖状態から逃れたいと思うのです。
ましてや、「大きく下がった時に買えば良い」というのは理屈ではその通りですが、実際にはそんな勇気がある人はほとんどいません。それにリーマンショックの時には多くの人が職を失いかねないような状況になったわけですから、「株式投資どころではなかった」というのが現実です。

株価が暴落しても冷静にお金を増やす原則 | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

下手に売り買いすると大損する可能性が高いのが、フツーの人です。

では、フツーの人はどうしたらいいのでしょう?

 

 結論を言ってしまえば、何もしなくていいのです。特に、確定拠出年金のように「つみたて投資」を行っている場合は、毎月一定金額で購入するドルコスト平均法ですから高い時には少ししか買わず、安い時にはたくさんの量を購入するというやり方です。

株価が暴落しても冷静にお金を増やす原則 | 投資 | 東洋経済オンライン |

 

利益が出るのはずーっと先だから、今は何もしない。

 

そう、何もしなくていいのです。こつこつと、ドルコスト平均法で積み立てている場合は、そのままでいいのです。大きく利益が出るのは、ず~っと先。目先の上げ下げで何かする必要はないのです。

ドルコスト平均法について、過去にまとめた記事です。良かったら、お読みください。 


www.waoko.net

 

過去の実績によれば、20年以上、ドルコスト平均法で長期分散投資を続ければ安定して資産が増えていくことが分かっています。

 

20年間、長期・積み立て・分散投資した場合のグラフです。

f:id:makimamano:20181012055645p:plain

 

定期預金に比べて、株や債券は大きな上げ下げはあるものの、大きく資産を増やしていることが分かります。なので、下手に売り買いしてしまうと、未来に安定して得られるはずの資産を失ってしまうかもしれません。

 

とはいえ、私も、今回の暴落でちょっとドキッとしたので、自戒を込めてフツーの私のための、適切な投資行動をまとめてみました。

 

金融庁HPにて投資の基本がわかりやすくまとめられています。

www.fsa.go.jp

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。