ワオ母さんの blog

三人娘子育て真っ最中のアラフォーママのブログです。子育て、時短、節約、資産運用などなど頑張っています。

プロもおすすめ!雨の日に子供が退屈しない遊び。

f:id:makimamano:20181002072943j:plain

台風24号凄かったですね。

 読んでくださっている方、被害はありませんでしたか?

 

チャーミーという可愛い名前のくせに大暴れでしたね😵

 

我が家には被害はなかったものの

チャーミーのおかげで、土日は家に缶詰状態でした。

 

土日外に出られないとなると

子供たちのストレスも溜まりますよね。

 

我が家では

雨の日の定番にしている遊びをしました。

 

廃材で工作です。

 

 

廃材で工作は何時間でも遊べます。

 

廃材で工作するのが大好きな娘たちの

ために食品を入れていたトレイや

卵のケース、空箱、段ボール、

いろいろ用意しています。

壊れて使えなくなったおもちゃも廃材にしてしまいます。

 

うちの子供たち

廃材で遊び始めると、止まりません🙂完成して終わりではなく、作ったもので

いろいろな遊びに発展させます。

お人形のお家を作ってお人形ごっこ、

剣とイルカで海賊ごっこ、

気づけば何時間も遊んでいることも。

ごっこ遊びが多いです😊

 

お金もかからず、エコです。

 

廃材で工作は、

0円でたっぷり遊べるのがうれしい✨

色画用紙や、カラフルなストローなど、

多少100均で調達したりはしますが。

 

もともと捨てるはずの物なので

壊れたら、惜しみなく捨ててしまえます。

「また、作ればいいよ。」

「次はもっとすごいのが作れるんじゃない?」

というと子供たちも納得してくれます。

 

市販の作る系のおもちゃも

いくつか買ってみたのですが

作ったものがドンドン溜まっていくし

キットを買い足したりすると

結構お高くついたりしていました。

 

子供も、

最初ははまってたくさん作るのですが

結局似たようなものしか作れないので

すぐ飽きてしまっていました。 

 

それに比べ、廃材で工作は、

子供の発想で作れるものが

無限に広がって行くので

飽きることがありません。

 

廃材を集めたきっかけはプロのアドバイス

 実は廃材を集め始めたきっかけは

プロからのアドバイスでした。

 

うちの子達、大人のものや、

収納に使っているケースを使って

工作したり遊んだりするんです。

 

大人の物を使うのは

多少は大目に見るとして

収納してる箱を使われてしまうと

片付けができないのでとても困っていました。

 

知り合いの整理収納アドバイザーさんに

相談したところ…

 

それは遊ぶものを十分に用意して

あげられていないんじゃない?

廃材をたくさん用意してあげるといいよ

その中から必要なものを探して遊ぶから。

うちもたくさん用意してるよ。

 

と言うアドバイスをいただきました。

 

さっそく、深めのプラスチックケースに

集めた廃材を入れておきました。

すると、何か作りたい時に子供たちが

その中から自由に廃材を探して持っていきます。

 

気づけば、大人のものを使って遊んだり、

収納用の箱を使ったりということが

ほとんどなくなりました。

 

さすがプロの整理収納アドバイザーさん。

悩んでいることがあったら、

その道のプロにさっさと聞いてみることが一番ですね。

 

それにしても、過剰包装ですね。

 


廃材集めをし始めて

気付いたのですが

市販のお菓子の空箱や

プラスチックのケースなど

面白い形のものがたくさんです。

私もお宝探し感覚で廃材を集めます。

 

しかし、

なんでも過剰包装すぎやしませんか。

うちはそのおかげで

廃材でたくさん遊べているのですが…。

 

ミニトマトは袋に入れたのでいいよ。

こんな容器にわざわざ入れなくていいよ~。

f:id:makimamano:20181002165040j:image

こんな、きれいな包装を消費者が

本当に求めているんでしょうか?

少なくとも私は求めていないです。

子供たちが、廃材で遊ばなくなったら、

ただのかさばるゴミになってしまいます。 

 

NO!過剰包装! 

今後、

ぜひとも改善していってほしいものです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!