ワオ母さんの blog

三人娘子育て真っ最中のアラフォーママのブログです。子育て、時短、節約、資産運用などなど頑張っています。

「リボ払い」それは地獄への入り口かもしれません。

f:id:makimamano:20180921052553j:plain

リボ払いにしませんか?

 

最近カード会社からそんな勧誘メールが

たくさん来ませんか?

 

なんでそんなに

私をリボ払いにさせたいのかな?

 

カード会社にとってリボ払いは

それだけオイシイ😋んでしょうね。

 

先日、友人がリボ払いしていると

言うので全力で止めておきました✋🚫

 

リボ払いは怖い🙀からです。

 

では、何が怖いのか…

カンタンにまとめてみました。

 

 

リボ払いとは?

 

リボ払い(リボルビング払い)で

買い物をすると

毎月指定した金額を

返済していくことになります。

 

借り入れ額が高くなると

指定できる最低支払額もUP⤴︎しますが

3000円くらいから設定できるところが

多いです。

 

なんだか

負担が軽そうな感じがしませんか?

毎月同じ額を

払っていけばいいんですから。

 

今欲しいものが買えて

3000円くらいからなら

いいんじゃない?って…

 

高い手数料を

払わなければなりません。

 

しかし

リボ払いでお買い物をすると

年率 12〜15%の手数料を

支払わなければなりません。

 

仮に20万円の買い物をリボ払いで

月に5000円ずつ支払っていくと

手数料を含め支払うのは

全部で25万円ほど。

 

この手数料を高いと思う人もいれば

人によっては

今買えないものが買えるため

安いと思う人もいるかもしれません。

 

私は、20万円の物を25万円で買うなんて

絶対したくないですが。

 

とっても損する支払い方法だとは

思いますが、毎月こつこつ支払えば

借金はいずれ消えます。

 

 

どうしてリボ払いはやばいの?

 

では、リボ払いの何がやばいのか。

 

リボ払いの本当の恐ろしさ…

それは…

 

わからなくなること。

です。

 

使い過ぎに気づきにくい。

 

はじめは数万円のリボ払い。

 

手持ちがない時に、ついついリボ払いで

お買い物。

 

「たまにだから大丈夫でしょ」

 

「数万円だから大丈夫でしょ」

 

「あれ?

今、いくらリボ払いにしてるんだっけ?

でも、きっと大した金額じゃないよね。

ときどきだし、ちょっとだけだし。」

 

しかし、ちょっとだけが積もり積もって

気づいたときには数十万円に膨らんでいる

なんてことも…

 

せめて分割払いなら

月の支払い金額が増えて

カードの使いすぎに気付けますが

リボ払いは

毎月一定額しか払わないから

使いすぎても気づきにくいんです。

 

自動リボ払いにはご用心!

 

さらにさらに恐ろしいのが

自動でリボ払い

 

自動でリボ払いにすると特典がつくよ〜💛

なんて

甘い勧誘に乗せられてこの設定にしてまうと

一括払いまで自動でリボ払いになるんです❗️

 

え?

手数料無料の一括払いが

リボ払いにならないでしょフツーって

思いませんか❓

 

なるんですよ!

自動でリボ払い設定では

お店で一括でお願いします。

と 言ってもなるんです!リボに。

 

ほとんど罠。

人生はサバイバル。

 

自動でリボ払いにしたまま

カードのポイント狙いで

毎回カードで一括払いしていたとしたら…

 

リボ払いの金額は

あっという間に膨らみ

そのうえ高い手数料も

払わないといけません。

 

リボ払い総額が

100万円を超えれば

手数料だけで

月に1万円以上はかかります。

 

月の返済が苦しくなり

いつのまにか

ようこそ借金地獄へと

なってしまうことも💀

 

リボ払いは
やめておきましょう!

 

リボ払いだけでなく借金をすると

利息や手数料を

払わなければならないので

損をしてしまいます。

 

カードを使うなら

利息が付かない一括かせめて二回払いまでにしておきましょう。

 (二回払いはカード会社によっては

利息が付く場合があります。)

 

あまり、オススメはできませんが

リボ払いをするくらいならせめて分割で。

 

リボ払いが
向いている人っているの?

 

リボ払いが

向いている人がいるとすれば

それは自分を完璧に

コントロールできる人です。

 

でもそんな人は

そもそも借金をしたりしませんよね。

というか、いないです。

そんな人。

 

リボ払いは

誰でも持っている

心の弱さに付け込んだ

返済方法なんです。

 

特別な事情があって

借りなければならない人も

いるのかもしれませんが

私が思いつく限り

リボ払いを使う理由は無いのでした。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。